top of page

お知らせ

検索

コンロのガラストップが割れる原因

更新日:2023年8月29日


ビルトインコンロ


最近はコンロの天板がガラストップの物が主流となっていて、お手入れが簡単で

見た目も綺麗なので大変人気の商品となっています。

強化ガラスになっていて耐久性にも優れていますが、ちょっとしたことで割れて

しまう事があります。

そこで今回はどの様な時にガラストップが割れてしまうのかについてお話して

いこうと思います。




ガラストップが割れる主な原因


慌てた様子


1:物の落下や衝撃

硬い調理器具や重い物を落としたり、衝撃を与える事によってガラストップが割れる事があります。特にエッジ部分や角の部分が弱い傾向にある為、そこに物がぶつかると割れやすくなり、他にもお鍋の裏側に焦げ付きなどがありその焦げが尖って固まっていてそのままガラストップの上に置くと割れてしまう可能性もあります。


2:突然の温度変化

ガラストップは熱に敏感であり、急激な温度変化に対して脆弱です。例えば、熱い鍋やフライパンを直接ガラストップ上に置いたまま、それを急に冷たい水や冷却材で冷やすと、ガラスが収縮する速度が異なるために割れることがあります。この現象を「熱ショック」と呼びます。


3:不適切な取扱い

あまりこんな事はしないかと思いますが、ガラストップの上で金属製の鍋やフライパンを引きずったり、調理器具をガラスの上でスライドさせるなど、不適切な使い方によっても割れる可能性があります。


4:既存の傷やクラック

これはなかなか気付きにくいのですが、ガラストップには見えない小さな傷やクラックがある場合があります。これらの微細な傷が、調理中の熱膨張や物の落下によって拡大し、最終的にガラストップが割れる原因になります。


 

コンロの事ならなんでもお任せください

【アメニックスコンロ】


コンロの事なら何でもご相談ください


LINEからのご相談も出来ます

 



ガラストップが割れない様ようにする対処方法


1:物の落下や衝撃に対しての対処方法

調理中には優しく取り扱い、硬い物や重い物をガラストップに落とさないように注意しましょう。調理器具や食器は適切な取り扱いと保管を心掛け、落下や衝撃を最小限に抑えるようにします。またお鍋などを拭きこぼしてしまった後は、お鍋が冷えてからお手入れをして焦げなどがこびりつかない様にしておきましょう。


2:突然の温度変化をさせない対処方法

熱い調理器具をガラストップに置く際には、断熱性のあるクッション材を使ったり、温度差を緩和するために鍋敷きを使用したりすると良いでしょう。また、熱い調理器具を冷ます際には、まずはゆっくりと自然に冷ませるように心掛けましょう。


3:不適切な取り扱いをしない

ガラストップの上で調理器具を引きずったりスライドさせることは避け、ガラスに傷を付けないように注意しましょう。特に、金属製の調理器具を使用する場合は、慎重に取り扱うように心掛けましょう。


4:傷やクラックを気にしましょう

毎回は難しいと思いますが、ガラストップを目視で傷やクラックがないか定期的に点検することが重要です。もし傷やクラックが見つかった場合は、すぐに専門家に相談し、修理または交換を検討しましょう。





ガラストップが割れてしまった時の対処方法


割れたガラストップ

1:火を止める

ガラストップが割れてしまったらすぐに火を止めましょう。火が付いたままだと熱がガラストップにさらなるダメージを与える可能性があります。


2:割れた部分を避ける

割れた部分を触らないように注意してください。ガラス片が飛び散ることで怪我をする可能性があるので、安全の為近づかないようにしましょう。


3:保護具を着用する

ゴム手袋や保護眼鏡を着用する事でガラス片によるけがを防ぐことができます。


4:交換や修理は専門家へ

ガラストップの修理や交換は専門的な知識と技術が必要な場合があります。ご自身で修理ををする前に専門家にご相談ください。ご自身で修理をすると事故になる可能性があります。





まとめ

ガラストップが割れる原因は、温度変化や不適切な取り扱いなど様々な要因が挙げられます。万が一ガラストップが割れてしまった場合は、火を止めて安全に避け、専門家に相談する事が大切です。また、日常セ的な使用では注意深く扱う事で、ガラストップの寿命を延ばすことが出来ます。



 

コンロの事で困ったら

【アメニックスコンロ】


無料でご相談できます


LINEからのご相談も出来ます


お買い得なコンロをお探しはこちら

 



Comments


bottom of page